If I never did it, I was only waiting for a better moment that didn't come.There never could be a better moment than This One , This One.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Fate stay night /Heaven’s Feel


観てきました!

久しぶりのアニメ映画。
今熱いFateの映画です。
内容は濃密!これはあかんと思うなぁ。実際情報量多すぎて楽しい反面、映画として観た場合に暗転が多すぎるな、と。
映画としての体を成せてないなっていうのが本音。劇場版のUBWよりはだいぶいいけど、、、、。
といいつつかなりニヤリとさせてくれるシーンが多くてそういうとこずるいといいますか、本当にオタクに向けて作られた映画です。限られたFateのマニアにターゲットしていて、ステイナイト初見ゴロシもいいところです。
ボク自身が桜にたいする愛着がないせいもあるんでしょうね、、、、
オルタが登場したシーンとか、ライダーさんとか、ゼロのときの記憶を語るセイバーとか私怨を云々っていうアーチャーとか、真アサシンとランサーのバトルとかいやいや萌え萌えですよ!
ランサー兄貴への愛着が増えて、ライダーさんへの愛着がふえて今後のFGOでの育成に影響がありそうです。
真アサシンはちょい悪人にふれてましたなぁ、、、。
あとシンジがすごく優遇されてて、いろんな仕草がなるほどなぁと思わさせられたりとか、ほんと、考察好きじゃないとエンターテイメントにならないなーと。
そのへん、この映画の評価がどうなるのか、注目です!
君の名は

「君の名は。」DVDスタンダード・エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)
君の名はを見ました。

これほど奇跡を願ったのは久しぶりでした。泣けました。

機動警察パトレイバー2 The Movie

機動警察パトレイバー2 The Movieを閲覧いたしました。

そんなに面白いという感じではなかったな・・・・

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ
劇場版のシュタインズゲート見ました。
テレビ版と逆に紅莉栖がおかりんの立場で短めにという話しだったかな。
最後はよくわからなかった。やはりこの物語は映画サイズにするにはむずかしかったんじゃないのかな?と思わなくもない。

でも紅莉栖は大好き。すきすき。
宇宙の騎士テッカマンブレード
宇宙の騎士テッカマンブレードのテレビアニメDVD−BOXを前に購入していたのを一気に見た。
とにかくくらい。
ストーリーが暗い、救いがない。
主人公が暗い
だが、その暗さはともかくテッカマンブレードというのは仮面ライダーの宇宙版であるなと思った。
なにせ、改造されたテッカマンは父親に脳まで汚染されるまえに地球に逃がされる。
そして敵と孤独な戦いを始めるっていう。
ヒーローものというのは全てそうなのかもしれないが、、、、
でも普通にたのしめましたが、バトルが少ないのが残念といえば残念。
STEINS;GATE
Steins;GateをDVDレンタルしてみ終えました。
すごく面白かった。これは感動かつスバラシイアニメというかストーリー。
ギャルゲーフォーマットとタイムリープをうまく組み合わせて、よく作り上げたアニメだなと思います。
牧瀬紅莉栖が可愛すぎる。たまらん。と思う。
なぜならば、ツンデレ萌えだからだ。

さて、それは置いておいてだが、本作でのエンディング、最後のおかりんの動きについてはイマイチ納得感がないところはある。
なぜならば、最初のシーンで勘違いした紅莉栖とのシーンを勘違いさせるとそのあとの物語が繋がらなくなる。
というよりそもそもおかりんがタイムリープしても記憶が残っていることが、まず理由がわからないところ。

それはどこかで裏設定があるのかもしれませんが、そんなことは置いておいても好きなドラマですね。
良いです。
銀河漂流バイファム
子供の頃見たかった銀河漂流バイファムをちょっとづつレンタルして全部見終えました。
かなり面白かった。
ちょっと古い感じだし、主人公ロディの操縦パイロットしてのエース度とか説明不足だけど、バイファム・ネオファム・トゥランファムがとにかくかっこいい。そして主人公の子供達13人の団結に泣けるシーン多数。
バイファムが全然活躍しない前半はほんとに辛かったけど、
オープニングが英語でかっこいい。ライバルになるミューラ少佐が登場してからしっかり楽しめる。
個人的にはバイファムのプラモが作りたいが、まぁダンバインやエルガイムすら作ってないのだから我慢かな。
ラウンドバーニアンはかなりかっこいいですよ。

 
時をかける少女
---
角川エンタテインメント
¥ 5,726
(2008-07-25)

ときかけ、テレビで放映されていたのを録画して本日見ました。
いやー前にも見てるはずだけど良いドラマです。
かなりリア充なヒロインと仲間2人ですけど、だからこそいい。
個人的には好きであります。まことが好きです。たまらないです。
まことがこれからどう生きていくか、わからないですが、きっと良い人生をまっとうするだろうと思える良いラストでしたね。
ときかけ、BD欲しいなぁと思ってます!
 
頭文字D Final Stage
評価:
佐藤正樹,しげの秀一,SynergySP,岸間信明
¥ 4,463
(2014-06-13)

頭文字D Final Stage4話、見終えました。
アニメも終了。しかし、乾シンジとのバトルは4話も使うにしても、やはりちょっと急な感じであった。
しげの先生も限界だったのかもしれない。
最後のほうに、香織さんの話とかシンジの話のぶっこみ方がかなり無理が。ついでに言えば小柏カイとの再戦も。一応まじめにやって負けてるのに、プロになって再戦とかちょっと個人的には納得いってない。
ワタルとは啓介だったのでまぁ良いと思うが、カイは何でやり直しが必要だったのかがわからん。
もともとそんなことを突っ込むドラマでもないのですけど、なんとなく(w。
それなら、エンペラーとプロジェクトDをもう一度やったほうがよかった。須藤京一だけは完全決着した感じがしていないんだよなー。
あと、タチトモユキと城島の二人は完全に負けているわけですし。
超時空要塞マクロス
偉大なるファースト・アニメ版超時空要塞マクロスを2か月くらいかけて閲覧終了。
最終回が二回あったのですね。
そして、マクロス7・Fへと続いていくシナリオでもあり、ミンメイでなく、早瀬美沙を選ぶ、一条輝の気持ちが理解しやすかった。
もちろん劇場版の素晴らしさには勝てないのだが、結局「君には歌があるじゃないか」ということがすべて。
画質は今見るととても見れたもんじゃないけど、そこは劇場版で、ってかんじですかね。
マクロスシリーズって自分としてはちょっとあまっちょろいリアリティ不足だと思っていたのですが、それなりに考えられていたのですね。
後半のカムジン相手なのは小ぶりで燃えないのですが、でも熱いところがあり、よかったです。劇場版冷遇のカムジンがカワイソスです。
でも偉大なアニメだなぁと。この動きはガンダムの上に行った、そしてゼータガンダムやそういったものにつながっていくのだななどと思い至り、歴史は紡がれている。そう思うのです。