If I never did it, I was only waiting for a better moment that didn't come.There never could be a better moment than This One , This One.
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
あなたの話はなぜ通じないのか
あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) を読みました。 端的に言えば、なぜそうなのかを先回りして言おう、相手の立場に立って話そう、ということだったと思うが、思い返してみればなるほどなというところもあって良いのではないでしょうか。 によりも大事なのは背景として「あなた」がどれほど本気でそう思っているか、が伝わらないと通じない、ということにすごく共感しています。伝えるテクニックもさることながら、「あなた」がそう思う信念が一番相手に伝わるんだよということかと思い納得の一冊でした。
弱虫泣き虫諸葛孔明(4)

弱虫泣き虫諸葛孔明(4)

読破。
元々特殊な三国志感が良かったのだがちょっと普通のものになっていた。 あーえーと、普通の三国志ファンのための書籍になってて残念。 あの劉備軍団の面白さは壊滅的になくなり、孔明も普通の孔明で残念。 第5部では持ち直してくれることを期待します!

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 を読みました。


ちと難解。中身としては応仁の乱と同じようにじっくり検証を続けた書籍でした。 ストーリーはなく、地道に南朝後胤を追い続けた朴訥なまとめ本なのだが、地道であるかゆえに評価されてるのかな?と。 歴史は好きですが、人の姿が見えて来ない研究的な性格の書籍なので読みにくく記憶にも残りにくい難しさがある書籍でした。

関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実

関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実を読み終えました。 内容は結構複雑怪奇で関東勢力が国衆たちの味方と離反の元に生まれているという認識を新たにしました。 先年の真田丸における昌幸みたいな武将がいっぱいいて、合従連衡の時代だったんだなーというのと、つくづく現代もそうだが論理ではなく、力なのだなとも思ってしまうのですね。つい先日まで世界はイデオロギー論理の戦いだと思っていたのですが、いまや論理は関係なく敵の敵は味方、っていう繰り返し。 その合間に短期的な平和があるのが普通の世界なのかもなーと悲しく思ってしまいました。 それは真実として認めざるを得ないのだが、僕個人としてはそうではなくて、人がもつ普遍性を体現して平和をもたらすというのがあってほしいなぁと思うところですが、すくなくとも戦国史からはそれは読み取れない。江戸幕府260年の平穏も力を固定してたわけだからなぁ。哀。

逆説の日本史(22)

逆説の日本史 22 明治維新編: 西南戦争と大久保暗殺の謎

逆説の日本史(22)を読了。 このあたりまでくると、井沢先生の独自感はだいぶ薄まってきてますね。内容はそれはすごいってのはあまりなかったかんじです! とりあえず読み終えたのでまんぞくです!

逆説の日本史(21)

Kindle出てこないので、書籍購入。 内容は予想つくんだけど、、、(^^)

Fate strange fake(4)

Fate/strange Fake(4) (電撃文庫)
Fate strange fake(4)読了。 なんだか、おもった以上に長い物語になりそうですね、、、、 見えて来ていない英霊(サーヴァント)たちが多すぎて、ワクワクはとまらない反面、どれだけの長編になってしまうのかとても心配です。

林蔵の貌

林蔵の貌、北方浪漫小説読み終えました。 幕末蝦夷地に「国」をつくることを考えた夢と野望の物語。 基本的に北方先生の歴史小説の舞台を変えた焼き直し版かなと感じました。 最高峰はやはり三国志だが、日本ではなかなか難しいテーマかなと。 夢とか野心とかなかなか叶わないもので、そこにドラマをみつけてきている。史実との組み合わせもなかなかなもので、そのあたりの手腕は北方先生はおもしろいなぁと思います。 男の浪漫を読みたい人にはオススメですが、南北朝もののほうが面白いので、そちらを読んでからのほうが良いかなと思います。

逆説の日本史20
逆説の日本史20よみおえました! なるほど! 何故、高杉晋作は上海で購入したピストルのうち一丁を坂本龍馬に贈ったのか。 なるほど!膝を打つとはまさにこのこと!
筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最強のソリューションである
を読みました。
筋トレすればすべてがオーケー、仕事も恋愛もなにもかもがうまくいくという話し。
確かに!と思ってしまうある意味宗教です。
でも面白かったから良しですかな(-.-)y-., o O。